マインドフルネスと楽しみなアウトプット

先日、”支援者のためのマインドフルネス心理療法”を受講しまして、

やっぱり大事なことは繋がっているんだと思いました。


この講座、森田ゆりさんのメールマガジンで知ったのですが、

最近はアンテナが活性化しているのか、

今必要な内容の講座情報が次々と舞い込んで

気づけばとても忙しい毎日です(^▽^;)

でも、それぞれそれだけの価値は充分にあるんですよね〜

ほんとに不思議かつありがたいです。


マインドフルネスは、「判断を入れずに注意をむけ続けること」

と定義され、うつ病などの治療にも取り入れられたり、

認知療法でも”マインドフルネス認知療法”として

活用されているんですね。

今回私が受講したのはマインドフルネス総合研究所

「自己洞察瞑想療法」で、西田哲学を基にしているそうです。

その哲学も、私がこれまで学び体験してきたことに照らし合わせて

とても共感できるものがあったので、

やっぱりそうか、という想いと共に

そういうアプローチもあるんだということで

自分の中でその幅がより広がったように感じました。


主に呼吸法を体験したのですが、

今まで瞑想などでやっていたものより、

いろんな制約がないぶんやりやすい、と私は感じました。


今、心理について改めてさまざまな学習をしているので、

日々吸収吸収で、整理が追いつきませんが(^-^;)

これからまた統合されて必要なときに活用できると思います。

そのアウトプットが、どのような形で行われるのか?!とても楽しみです058.gif016.gif

e0171985_162144.jpg

[PR]

by cherish-chu | 2012-08-19 16:19 | こころについて