「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:大切なこと( 5 )

今日一日を、やり過ごす。

きもちが大きく動いて、

初めてのことにチャレンジし始めて、

毎日、毎時、時には分単位で

”不安”と”やる気”の間で

揺れ動くこころ。


おもしろいほどに右往左往している。


そんな中、やっぱり、

聴いてもらったり共感してもらったり

慰めてもらったりと人の助けを借りながら、

”なんとか今日一日をやり過ごしている。”


思えばこれまでも、悲しみと苦しみ、絶望や喪失の中、

ようよう呼吸しながら生きて来たような日々も、

とりあえず一日一日を、なんとかやり過ごしてきたのだろうと思う。

その時の自分ができることをしていれば(休むことも含めて)

あとは時が癒してくれることに一縷の望みを託して。


その時と今の違いを、言葉で説明するのは難しいが、

今回は明らかにその内容が、より鮮明で、具体的実践的だ。

ぼんやりしていたものがはっきりとした輪郭を持ち、

その意味がたしかなものとして胸に響く実感がある。



”とりあえず今日一日をやり過ごすこと”は

”「今、ここ」を生きる”ことなんだな〜って。

その大切さを、これほど実感したことはない。


e0171985_14221912.jpg

[PR]

by cherish-chu | 2011-12-08 14:27 | 大切なこと

決めた!!

一歩踏み出すことにする。

何をどうしていいやら、

今はぼんやりしかわからないが、

大筋は決めたので、

とにかく目の前のことから、やることにする。


絶対に、やる。と決めた。



これまでも"絶対にこうするんだ!!"

と決めたことは、

失敗しても挫折しても疲れて休んでも

時にスローテンポになっても落ち込んでも

あきらめず、絶対にそうしてきたので、

今回も、そうすることにする。

もう、決めた。


不安もいっぱい。怖いきもちもいっぱい。

でも、初めてなんだからそれで当たり前。

これから、積み上げていく。


今は私も知っている。

不安も、そこに溺れて埋没しなければ、

それ自体が凄まじいエネルギー源になることを。


いつになるかわからなくても、

モチベーションが上がったり下がったりしても、

その日を信じて、やっていく。


絶対、やる。決めた。



e0171985_21102862.jpg

[PR]

by cherish-chu | 2011-12-06 21:10 | 大切なこと

何より深く美しい。

追い込まれ、後がなくなることで

来し方を振り返り、

正面から向き合うことを覚悟した人たちは、

潔く、清々しい。



一本、筋が通っている。



もう、そうするしかない、

そうするのだ、と決めたその日から、

何かが芯に芽生えている。



そうやって真っ直ぐに見つめようとする人たちには、

もれなく気づきが訪れ、新しい扉が開かれる。



そうしてその人の輪郭は、

むき卵のように少しずついらないものが剥がれていって、

ぼんやりしたものからはっきりと明るいものへと変化していく。




痛み、悲しみ、苦しみ。どうしようもない辛さ。

そんな引き裂かれるような想いをも優しく包み、

大切な一部として慈しむ。

それがその人の芯をまた揺るぎないものにする。


人間の持つ、底力。


そのような人の笑顔は本当に、何よりも深く、美しいだろう。



e0171985_2237464.jpg

[PR]

by cherish-chu | 2011-11-20 22:49 | 大切なこと

未完の仕事

こうしたかった

こうしてほしかった

これはもうやめよう

これももう捨てよう

こうありたい

こう生きたい


そんな”未完の仕事”を

ひとつひとつ見つけてはこなしていく。

e0171985_16231179.jpg


これまでも、これからも、

そうやって少しずつ少しずつ。


e0171985_1618134.jpg

[PR]

by cherish-chu | 2011-09-07 16:23 | 大切なこと

そういうことなのだと思った

南直哉さんの恐山あれこれ日記 "プロとアマ"を読んで。

政界や原発業界を"プロ"それ以外の人々を"アマ"として

書かれた内容に、共感し、うなづきながら読みました。


『思うに、この体たらくは、「業界」内部にいる

個々の人の能力が低いからではないでしょう。

そうではなくて、そもそも、彼らの依って立つ規則や秩序に

欠陥があるのであり、だとすれば、そういう規則や秩序を

容認してきた社会集団の構造にも大きな問題があるはずです。』




森田ゆりさんは、著書エンパワメントと人権の中で

『人権意識とは「自分を大切にすること」である。

自分の心とからだを大切にすることだ。(中略)

人間らしく生きたいと思うことだ。

自分はとてつもなく大切な存在で、

この自分が人間らしく生きるために

手放せないものを奪おうとする者に対しては、

怒りをもって拒否していいのだという認識だ。』


と述べられています。



秩序や規則をつくる社会のひとり一人に、

自分の心とからだを大切にする、という

人権意識が根付いていれば、

業界も、命や健康を阻害するようなものを

おいそれとは提供できなくなっていくと思います。


自分を大切にする感性の発達した社会では、

ごまかしや隠蔽も易々と通用しなくなっていくと思います。



南直哉さんがブログの最後に、

『そして、要求する以上は、要求に応える側の責任ばかりではなく、

要求する者にも責任が生じるはずなのです。』


と書かれているのは、私はそういうことなのだと思いました。


e0171985_16122394.jpg

[PR]

by cherish-chu | 2011-08-14 16:37 | 大切なこと